とりわけ妊婦の場合、順調に赤ちゃんが育つよ

とりわけ妊婦の場合、順調に赤ちゃんが育つようにするため栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。
何といっても「葉」なのでキャベツ、レタスなどの葉物野菜を食べれば摂取できるように思われがちですが、果物にも案外豊富に含まれ、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。
葉酸の所要量は、妊娠中には普段のほぼ2倍となります。何が葉酸を多く含んでいるか知っておき日々の食事の中で、欠かさず摂れるようにしましょう。

一口に葉酸の摂取といいますが様々な方法を挙げることができます。



一番手軽なのは食材の中の葉酸を増やしていくことです。


しかし、水溶性で熱に弱いのが葉酸の性質であり、特に妊産婦の所要量を食事の中で満たすのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。効率的な葉酸の摂取という面からみても、サプリなどを併用する方が現実的です。



食後に飲むと、最も効果が上がると覚えておいてください。



2人目が出来るといいなと妊娠するのをのんびりと待っていたら気付けば3年後、まだ妊娠していなかったので、私と主人の健康状態に懸念を抱きました。長男を育てる上でも病気があったら困りますのでこれをチャンスと捉え細かく検査をしてもらい、問題なしであれば妊活に入りましょうと夫と話し合って決めたのですが、よくよく考えるとこの時の話し合いが私の妊活の始まりでした。水に溶けやすいビタミンの葉酸は、胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、もし葉酸を摂るタイミングを選べるなら胃に何も入っていない食間なのです。
できれば、所要量を一度に摂るのではなく何時間かおいて、分けて摂る方が身体のためには良いのです。


時間帯としては、いつ摂るのが最も効果的かと言われれば就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのが葉酸を効かせるためには最も良いでしょう。



お腹の赤ちゃんに神経系障害が起きるリスクを下げるために、妊娠中は葉酸を多めに摂取する必要があります。妊娠したら葉酸を多めに摂ることを推奨しているのが厚生労働省です。葉酸の性質から考えてもよほど毎食毎食意識しないと妊婦の所要量を摂り続けることはとうてい困難です。



栄養強化食品やサプリメントも上手く使ってリスク低減ができるくらいの葉酸を効率よく摂っていきましょう。妊活とはどういう活動を指すかというと、そのままの意味で、妊娠するためになされる活動のことです。
もちろん、子作りさえすれば、必ず妊娠が成立するということはなく、子を授かりたい夫婦にとっての妊娠しやすくするための方法ということです。

それと同時に、元気な子供を授かるための種々の方法のことも指していいます。受精卵や胎児の細胞分裂を促す働きがあるため、妊活の必須アイテムとも言われるのが葉酸です。



サプリを利用した摂取効果は簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。

それに、葉酸の値以外にもチェックする必要のある成分としてビタミンB12の値があります。
というのも、葉酸の過剰摂取の結果、ビタミンB12不足がよく分からなくなる事があるそうですから、ビタミンB12の値にも注意するようにしましょう。漢方を妊活のために服用する人も多くいます。
漢方の服用により体質改善が期待され、妊娠の可能性がアップするでしょう。



この頃は大手のドラッグストアに置いてあるのも見かけますので手軽に買うことが出来るようになっています。「費用が気になる」という人もおられると思います。その様な方には漢方を不妊治療に取り入れている病院に行ってみてください。


診察を受ける必要がありますが、保険適用でいくらか安くなります。
どうして貧血になるかというと鉄分の不足によるものだと一般的には考えられていますが実のところ、貧血はいくつかの原因によって起こるとされ鉄分が足りないことだけが原因だとするのは間違いです。

鉄分だけでなく、葉酸の不足による貧血もかなり見られ、鉄分の摂取だけでは貧血の改善が見られないとき、葉酸の摂取も試してみると貧血改善が進むというケースも実際にあります。

流行している黒豆茶ですが、妊活中の女性が積極的にこのお茶を摂取することは合理的な選択だと言えます。

なぜかというと、黒豆茶はカフェインが入っていないので、妊活にも安心な飲み物ですし、イソフラボンという黒豆に含まれている成分が女性ホルモンの一つに近い働きをしてくれるためです。



ご存知のように、イソフラボンは十分に摂取することでホルモンバランスを正常に整えてくれる作用がありますので、欠かさずにあたたかい黒豆茶を飲むようにしましょう。