そろそろ赤ちゃんを授かりたくて妊活を

そろそろ赤ちゃんを授かりたくて妊活を開始する女性がやるべきことは何よりもまずママとなるため体の状態を整えておくことです。常日頃からの動作の繰り返しによって体に歪みが生じますが、特に骨盤に顕著にみられます。その歪みが不妊の原因となることもあります。

整体院で不妊あるいはマタニティに力を入れている治療院が増えています。

赤ちゃんを迎え入れやすく快適に過ごせる環境を作るため骨盤矯正を受けてください。東洋医学の漢方は妊活のためにも活用されています。


漢方による体質改善効果で身体を妊娠しやすくすることが出来るのです。昨今では大手のドラッグストアに置いてあるのも見かけますので簡単に買えるようになりました。
お金が気になる方は、不妊治療のために漢方薬を取り扱っているような病院に行ってみましょう。お医者さんの診察が必須ですが、健康保険適用となり、費用がおさえられるでしょう。真剣に妊活しているのなら、飲み物にも注意しましょう。

よく飲み物に含まれているカフェインですが、着床に悪影響を及ぼしたり、体を冷やす作用があるので妊活時の飲み物としては適していません。

代わりに飲むのなら、体を温める作用があるお茶で、カフェインが入っていないものを飲むのがいいです。

例えばミネラルがたくさん入っているルイボスティーや漢方としても知られているたんぽぽ茶などがおすすめです。


いつにも増して妊活の最中は出来るだけストレスを溜めこまないことが大事となってきます。
その観点から行くと、バスタイムにリラックスすることは効果的ですがあまり負荷をかけない方がいいという点では熱い湯や長風呂は避けるべきです。


意外ですが熱は、人体に負担を掛けます。妊活の最中はいつにも増して多方面へ気を配る必要があります。



一例として、風邪薬を飲むことについては、それほど目立って影響するということはないと言っていいでしょう。

ですが、ちょっとでも子供を授かることに悪影響が出てしまったらどうしようと悩んでしまう場合は、問題はないのかどうかを医師に確認してください。

昨今、巷で「妊活」が話題となっています。
妊活というのは、言葉そのままの意味で、妊娠をするために行われる、いろいろな活動全般をひっくるめて表現する言葉です。



当然のことですが、性交すれば絶対に妊娠するかというとそういう訳ではないので、子供を産み育てたいという夫婦にとって、確率を上げるための活動ということになります。

それだけではなく、健康な子供を授かるために行われる、数々の方法も含まれます。


いま妊活されている方は、薬の服用において注意が必要な場合があります。一般に販売されている胃腸薬や痛み止めの類は特に問題ないのですが、確認が必要になるのは持病に対する医者からの処方箋の服用です。

とは言っても、副作用のリスクは避けられませんから、どのような薬を服用する場合でも、妊活している事を専門家に伝えてから服用するのが安全で安心な方法だと言えます。私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。

正直、自分には関係ない話だと思っていましたが少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」という意見でした。


男性にもきっと良い効果があるのではないかとサプリを飲むようになりました。サプリを飲む前に比べれば、心なしか飲んだ翌日もお酒が残ることがなくなり、口内炎を起こすことが少なくなってきました。今のところ、日本では先天性奇形の発生率が全国の出生数に対して、平均4%と言われます。

高齢出産などがその要因に挙げられますが先天性奇形の危険性を低下させるビタミンとして挙げられるのがビタミンMとも言われる葉酸です。赤ちゃんが細胞分裂を盛んに進めている妊娠初期にきちんと摂ることが一番大事で、その意味では、葉酸とは妊娠中の女性に絶対欠かせない栄養素と言っても問題ないと思ってください。女の子を産みたいと思っていたため、どうやったら産み分けができるのか、本やサイトを徹底的にチェックしたのです。


野菜中心の食事で女の子だとか、肉食だと男の子だなどと決定的な方法はないみたいですが後は実践あるのみでした。そうしているうちに赤ちゃんが来て、普通の食事をとれなかったときもサプリメントで葉酸を摂っていたためか無事生まれてきたのは女の子でした。