葉酸は水溶性であるビタミンB群の一

葉酸は水溶性であるビタミンB群の一つなので、水に溶けやすい特長があります。しかも、熱に弱いビタミンなので水に長く浸したり、長い時間加熱したりすれば葉酸が半分以下に減ってしまうこともあるのです。

そうかといって、生野菜などをたくさん食べるのはほとんどの方には不可能です。ですから、調理の時も長時間の加熱を避けるなど、小さな工夫を積み重ねるのが食事の中で葉酸を摂取するために大事ですね。妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私は葉酸のサプリメントを飲むようになりました。
飲むのは一日でも早いほうがいい、と病院では急がされましたが、では、いつまで飲めば良いのかとは結局聞きそびれてしまいました。1袋空いたところで良いかと思い、サプリメントを飲むのは止めました。



けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、あわてて葉酸サプリを再開しました。


ビタミンB群である葉酸は、熱に弱いという性質があり毎日の食事だけで所要量を摂ることは難しいので、必要に応じてサプリメントなどで補った方が良いでしょう。



サプリメントで葉酸を摂る場合、加熱処理で葉酸が減っていない製品を見つけることが大事な条件です。

自分の身体を整えるために摂るものなので、原料が天然のものに由来していることや、余分な香料や添加物でごまかしていないことなどの安全性にも気を配りたいものです。効率よく葉酸を摂るためには、食事からの摂取に限定せず、サプリメントなどを補助的に飲んで補っても効果に変わりはありません。
また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性など葉酸をかなり多く摂らなければならない状況であっても食事から摂れる葉酸だけでは効率よく摂れない場合、もしくは簡単に改善されない貧血を治療するため、鉄分補給と併用される手段として集中的に注射で投与することも考えられます。サプリメントで葉酸を摂取するのは、妊娠初期からずっと続けていましたが、妊娠中期に入った頃、突然、そういえばカルシウムも摂らないといけなかったと思い、牛乳を毎日大量に飲んだのです。急にたくさん飲んだのがいけなかったのか、牛乳が合わなくなっていて吐き気がして、お腹を壊してしまいました。

それから、妊娠後期には鉄欠乏性貧血になっていて鉄分を摂るために薬を飲みましたが、妊娠初期のうちからカルシウムや鉄分が摂れる葉酸サプリを選んでいれば良かったのかもしれません。



ここ数年でずいぶん知られるようになりましたが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。

お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも活発に細胞分裂を行いながら発育発達が急速に進んでいきます。
そこでは葉酸が大量に使われます。そして、出産から授乳まで、母体が変わる過程でも葉酸が使われ、母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、妊娠前から授乳が終わるまでぜひ葉酸を摂り続けて欲しいと思います。
妊活中、妊娠中の女性ならば葉酸の摂取が必要です。葉酸は地味な栄養素ですが、胎児の発育や細胞分裂を進めるのに重要な役割を果たします。葉酸はその名の通り野菜から摂取するもので、葉物の他、ブロッコリー、芽キャベツ、枝豆などにも含有量が多いのですが、市販のサプリメントや錠剤でも手軽に摂れますので野菜をたくさん食べられない方や先に挙げたような野菜が苦手な方には特に良いでしょう。


妊活を出来るだけ効率的に進めたいという場合は、産婦人科などの専門機関を受診して必要な検査を受けておくのが好ましいです。検査の結果、体に問題が発見されなくても医師や専門家から妊活に適したアドバイスもしてもらえますし、排卵周期からちょうど妊娠しやすい性生活をもつタイミングの指導をしてもらえますから、妊活をはじめる時から産婦人科や専門の医療機関を受診し、不安の少ない状態で妊活をするのが良いでしょう。


最近、自宅で可能な妊活の中の一つの方法としてお灸への注目度が高まってきています。


昔から続く鍼灸療法で体内を妊娠しやすい状態に整えていけて、さらにメリットとして、副作用がないということも挙げられます。体表面には妊活にいいとされるツボが多く存在し、ご家庭でも可能なお灸なども登場し簡単に取り入れられるようになりました。
是非ともやってみてはどうでしょう。
一般的には、布ナプキンだと、使った後、洗濯が面倒くさいし、漏れないか気になる、と心もとないという人が多いと思います。
けれど実は、布ナプキンはその名の通り布でできているので、生理の不快な症状が軽減し、また冷えにくいです。



ですから、ストレスを減らし、体を冷やしにくくするという妊活中の女性には大切な子宮の中の環境を良くするのに効果があります。