積極的に果物を食べるようにすること

積極的に果物を食べるようにすることは、妊活中の体にも望ましいものです。とはいえ、なんとなく摂取するよりも、妊活のサポート効果が期待できるような果物の食べ方をできるなら、さらに良いですよね。
あまり知られていないのですが、果物によっては冷え性の改善が期待できるものがあります。
例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、そのまま食べる事が難しいという場合は、加工されたドライフルーツでも良いですから、ぜひ積極的に摂取してみてください。
葉酸を強化した食品はどこかに特定保健用食品のマークがあるでしょう。
このマークは消費者庁の認可を示しており、その食品に関して個別の審査を行い、認可した食品に限定して、マークで表示することを認めているのです。特定保健用食品の表示があり、マークがある食品なら特定保健用食品として、一定の基準を満たしていることの明らかな証明がされているため、食品で葉酸を多く摂りたいと思うときにも判断の目安として役立つものです。

妊活においては、女性の活動とイメージされがちですが、夫婦において、女性のみならず男性も、ともに行っていくのが妊活です。



そこで具体的に、男性ができる妊活、日々の食生活の見直しについて説明していきます。

妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、代表的なものとして、亜鉛や、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群があります。



この様な栄養素を毎日摂取するよう努めて、より妊活の成果を上げることを目指してください。
妊活をしている方は食べるものも体を温めるものを選択しましょう。野菜の中でも大根やごぼうや人参などといった土の下に根を生やすものは、体を温めるには適しています。

一方、身体を冷やす作用のあるものは、きゅうりやなす、トマトといった夏に穫れる野菜が多いです。果物の場合はデザートに少量食べるのはまだいいですがジュースにして飲むとついついたくさん飲んでしまい、体の冷えに繋がるので、飲み物もあたたかいものを摂るのがいいでしょう。特に妊娠初期には、胎児の発育を助け、障害発生のリスクを下げる大事なビタミンだと、産婦人科医などでも葉酸の必要性は指導されているようです。けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだという立場をとる方も存在するのです。


その理由は、妊娠初期こそ毎日葉酸を摂取していることが赤ちゃんの順調な発育のためには大事なことだからです。
そのためには、赤ちゃんが欲しいと思ったら葉酸をしっかり摂取することが真に葉酸の効果を引き出す摂取法でしょう。
皆さんご存知のように、妊活中にコーヒーを飲むことはあまりお勧めできません。というのも、よく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。

このカフェインが体を冷やしてしまう為、体の冷えが禁物の妊活中にはあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。



とはいっても、これまでにコーヒーをよく飲んでおり飲まないとストレスを感じるような方もいるのではないでしょうか。

そんな人は出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、1日2杯から3杯を上限に飲んだ方が健康的だと言えます。


妊娠を考えて生活している(妊活中)方は、薬の服用は避けた方が無難です。

薬局やドラッグストアで買える胃腸薬や痛み止めについては服用しても大丈夫です。
その一方で確認が必要になるのはもともと医者から処方されていた持病の処方箋をそのまま服用する場合です。とは言っても、副作用のリスクは避けられませんから、どのような薬を服用する場合でも、医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが安心だと思います。
今後、妊活に入っていく女性が行うべきことは最初にママになるために自らの体を整えることです。



毎日の体の動かし方の癖で体の中でも、特に骨盤がゆがみ始めます。


歪みがあることが不妊の一因となっている可能性もあるのです。不妊だったりマタニティだったりを重点的に治療している整体院も登場しています。



妊娠しやすく、なおかつ赤ちゃんがお腹の中で過ごしやすくするために歪んだ骨盤を適切な位置に矯正しましょう。

今のところ、日本では先天性奇形の発生率が全体の約4%というのが平均的な数値です。
奇形を引き起こす要因は高齢出産などいろいろありますが、奇形の防止に効果が認められるビタミンと言えば葉酸だといえます。ことに最も胎児の細胞分裂が盛んな時期、初期のうちに所要量を摂ることが大事なので、言ってみれば、葉酸こそ妊婦にとって最も強化しなければならないビタミンだと言っても間違いはないのです。



必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと他の栄養素と同様、妊娠していない人より多く、倍近くの量である480μgを毎日摂取すると最もよいといわれています。
栄養素としての葉酸は、水溶性で体内に蓄積しにくいのですが摂りすぎには十分注意してください。



所要量を大幅に超える葉酸を摂ると、全身の症状として、発熱やかゆみなどを引き起こした例も報告されており、サプリメントや錠剤の服用も、過剰摂取にならないよう注意すべきです。