そろそろ赤ちゃんを、というとき摂っておくと良い栄

そろそろ赤ちゃんを、というとき摂っておくと良い栄養素に葉酸が挙げられています。大別すると葉酸はビタミンB群の一つですが、独立したビタミンMとする分類法もあります。



貧血解消のために鉄分とともに摂るビタミンですが、血液以外の細胞分裂を促進するためにも葉酸が必要不可欠のため、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。

葉酸は子宮内膜をきちんと作るためにも必要な栄養素で、受精卵が着床しやすくなり、妊娠成立に至りやすくなります。


妊活中は栄養にも気を配りたいものです。



そういった意味でも果物を積極的に摂る事は良い効果が期待できます。


とはいっても、ただ摂取するのではなく、もっと妊活の助けになるような摂り方が出来たらもっと嬉しいと思います。


ご存知の方も居るかもしれませんが、果物の種類によっては冷えをとってくれるものが存在します。具体的に言うと、さくらんぼや桃、オレンジやりんご、ぶどうが当てはまりますね。
季節の関係などでフレッシュなもの摂取するのが難しいという時は、ドライフルーツでも効果が期待できますよ。葉酸が豊富な食材というと葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますが葉酸をたくさん摂るためだけに葉酸を多く含む食材にこだわるというのは普通の人には耐えがたいことでしょう。
葉酸を比較的簡単に摂れる方法としてはスムージーはおすすめできます。作り方は簡単で、ミキサーに葉酸が多い野菜やりんごなどの果物、そして水分を入れるだけで、誰でも簡単に作って飲めるのです。特に女性の場合は、妊活中はお酒を飲まないように言われることが普通です。



なぜならば、妊活中であればどの時点でも妊娠している可能性はあると捉え、女性が自分でも妊娠していると分かっていない時にお酒が胎児に影響しないようにするためです。それに、アルコールの作用の一つでホルモンバランスを乱したり、冷えやすくなるので赤ちゃんを望む女性にとっては注意すべきものであるためです。


なぜ貧血が起こるかと言えば鉄分の不足によるものだと思うのが普通でしょうが、貧血はいろいろな要因によって引き起こされるもので、鉄分の摂取不足のみが主な理由だと考えるのは正しくありません。鉄分だけでなく、葉酸の不足による貧血もかなり見られ、鉄分を強化して摂っても貧血が改善しない場合、いろいろな形で葉酸を摂っていくと貧血の改善が見られることもあるのです。カフェイン入りの飲み物を飲みたくない妊活中は、ハーブティーで代用という方が多いです。これは第一に、ハーブの効果を期待することが出来るという良さにあると思います。代表的なものを挙げると、冷え性や生理不順に対する効果が期待できます。

その他、気持ちを穏やかにするといった効果もあるようです。妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがそういったものを解消してくれるでしょう。妊活においては、女性が主体的に行うことと考えられがちですが、本当なら、夫婦二人にとって、女性のみでなく男性も一緒に妊活を行うものです。では、男性が出来る妊活の一つ、食事について考えていきましょう。
妊活をしている男性にお勧めの栄養素というと、代表的なものとして、亜鉛や、アミノ酸の一種のアルギニン、ビタミンE、ビタミンB群があります。



これらを含む食品を毎日食べるよう心がけ、妊活の成功率をよりアップさせましょう。食事から葉酸を摂ることにこだわる必要はなく、サプリや強化食品、錠剤などを使ってしっかり量を確保すると良いでしょう。
また、妊娠中から授乳が終わるまでの女性など通常の倍近い葉酸の摂取を要求されている中でも日々の献立の中で、葉酸が上手く摂れない場合や、簡単に改善されない貧血を治療するため、大量の鉄分補給と並行して集中的に注射で投与することも考えられます。

近頃は多くの方が知っていることですが、葉酸は妊娠中だけでなく、授乳中にも必要な栄養素です。

お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも盛んに細胞分裂を進めながら外界に適応するべく成長するのです。そこでは葉酸が大量に使われます。

加えて、葉酸は母体の回復や授乳のためにも欠かせない栄養素とされ、自分のためだけでなく、赤ちゃんの分もお母さんが摂取しなくてはならないので、妊娠を望んだときから、断乳するまで必要な量の葉酸を摂っていきましょう。



妊活中の喫煙は止めましょう。


喫煙は体にマイナスに作用して健全な妊娠に差し障る場合があります。喫煙による妊娠への影響は女性に限った話ではなく男性も当てはまります。



煙草による障害の発症として、女性の場合は排卵障害ですとか、男性は精巣機能低下が報告されています。ですので、妊活中の方は夫婦で禁煙し、身近な人の副流煙を吸わないよう、周りの協力を仰ぐのが良いでしょう。