妊婦さんには、便秘がちになる方

妊婦さんには、便秘がちになる方がちらほらいらっしゃるようです。

この便秘を防ぐためにも、正常な腸内環境でないと食事やサプリメントなどで栄養素を摂ってもうまく吸収されないことになります。どの栄養素も、腸内で細菌が働くことにより吸収が進むわけで栄養をきちんと摂ることと並行して、腸内環境の整備も常に気づかうのが賢明です。たとえ妊娠していなくても、妊活中の方は薬の服用は避けるようにしてください。



一般的な胃腸薬や痛み止めなどの薬であれば特に問題ないのですが、確認が必要になるのは元々病院から処方されていた持病の薬を服用することだそうです。とはいえ、副作用のリスクは避けられませんから、どのような薬を服用する場合でも、医師や薬剤師等の専門家にきちんと確認するのが良いでしょう。妊活中のカフェインの摂取は避けたいものです。
そんな時には、よく飲まれる飲み物としてハーブティーが挙げられます。その一番の理由として、体にとっていい効果があるためです。

例を挙げると、冷え性、または生理不順を改善させることです。


その他、効能として、リラックスできるというものもあります。妊活の最中はストレスを溜めてしまわないよう意識する必要がありますがそのストレスを解消させる働きがあります。

妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。



本当にサプリメントが効くのかと思ってみていましたが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「男の人にはもっと良いサプリがあるんじゃないの」と相手にされませんでした。


それでも、試しに飲んだらどうなるかと思ってサプリを飲むようになりました。

たちまち効果が出るわけではありませんが、次の日を気にせずお酒を飲めるようになり、悩んでいた口内炎ができにくくなったと思います。
葉酸は妊婦が積極的に摂るべき栄養素だと広く知られていますが、錠剤やサプリメントで過剰摂取すると、身体に良くない作用をすることがあります。

主な症状は、食欲不振、吐き気、じんましん、発熱などでどこに副作用が現れるかはいろいろですが、場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。少しでも多く摂りたい気持ちはわかりますが過ぎたるは及ばざるがごとしなのでサプリメントなどの注意書きをよく読んで、規定の量を大幅に超えないようにしましょう。妊活を行っている時は食べるものも体を温めるものを選択しましょう。
野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、体を温める作用があります。
それとは逆に、冷えを招く野菜は、きゅうり、なす、トマトのような夏が旬である野菜に多く存在しています。果物もデザートに控えめに食べるのは良いですが、ミキサーなどでジュースにすると多めに飲んでしまいがちで体を冷やすことになりかねないので飲み物についてもあたたかいものを飲む方がいいでしょう。人間にとって、葉酸は他のビタミンと同様、欠かすことができない栄養素です。ほとんどの方は食事だけで必要な葉酸が摂れているようですが、特に妊娠初期に葉酸を摂ることは、胎児の発育にとって重要なので所要量の葉酸を毎日しっかり摂らないと葉酸が足りないことになってしまいます。それなら、いつからサプリメント類を飲むのかと思うでしょうが、極力、妊娠の判明から間を置かずに始めるのが最善だと言えます。



あるいは、妊娠を考え始めたときから摂り始めれば最も良いという説もあるので、どんなに早く葉酸を摂り始めても問題ありません。

葉酸はビタミンB群なので、水溶性であり、水に溶けやすいのが特長なので、一時的に過剰摂取になったとしても体内に吸収されて、作用する前に身体の外に、尿や便とともに出て行ってしまう可能性もあります。そのことを考えれば、葉酸サプリメントは一日の中で何回かに分けて飲んだ方がいいと意識しながら摂っていかなくてはなりません。


葉酸は、必要量を毎日摂ることが食事だけでは難しいので、強化して摂りたいなら特に、できるだけ効率よく栄養素として使われるように頭を使うべきです。ご夫婦で妊娠を考え始めた際、葉酸の効果が注目されています。ビタミンB群の一つである葉酸は、B群から独立してビタミンMとも言われることがあります。

造血機能を高めるビタミンとされていますが、血液以外の細胞分裂を促進するためにも絶対必要な栄養素であり、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。
加えて、葉酸は子宮内膜を厚くするために必要で、これが受精卵を守り、育てていくので妊娠成立に至りやすくなります。妊活を行っている時は普段以上に注意したいのは、ストレスを溜めないようにすることです。ストレスが原因となって筋肉は緊張し、体内の血の巡りが悪くなってしまいます。


それが原因で、妊娠に重要な、卵巣や子宮の働きが落ちます。



もし、働く女性でストレスが大きくかかり、生活も不規則だという方はこの際、休職してしまうことも考慮してみましょう。