暑い時期が来ると、うっかりキンキ

暑い時期が来ると、うっかりキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、女性の中でも妊活をしている方はできるだけ体の熱を奪うような飲み物は避けるほうがベターだと言えるでしょう。
逆に、飲み物でも温かいものを飲んでいれば妊活にもプラスになります。

飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。



多くの女性が自分のことを冷え性だと思っているという調査結果があります。妊活中の冷えは厳禁で、冷え性の改善ということも重要な妊活のポイントだと言えます。


ということで、腹巻や冷え取り靴下をおすすめします。これらは冷えの解消に効果があります。



こういったものを使って以来、本当に妊娠することが出来たという声もあり、気軽にできて、さらに効果ももたらしてくれる妊活と言ってよいと思います。

生まれてくる赤ちゃんの健康のために、葉酸は意識して摂取することを、妊娠初期から続けるべき、重要な栄養素なのです。



本当にたくさんのメーカーで葉酸が摂れる製品を売り出していますが、買うときに大事なのは、配合されている成分を全て確認することです。身体が特にデリケートになっている妊娠初期には、合成添加物や香料を排除した身体に優しい製品を探しましょう。
妊活とは、赤ちゃんが出来やすくなるための活動で、赤ちゃんが出来る仕組みというものをよく理解し出来る限りそれを利用してコントロールするものともいえます。また、何よりも重要なのは、まさしく、栄養だということは容易に理解できるでしょう。


しかしながら、栄養素全てを、バランスよく適度な量を摂取するということは並大抵のことではありません。
そういった場合に役に立つもの、それがサプリメントです。近年、妊活向けのサプリメントというものも出現しています。お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸と呼ばれるビタミンを多めに摂って欲しいのです。

葉酸は地味な栄養素ですが、胎児の発育や細胞分裂を順調に進める役割をします。

葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などに含まれていることは知られていますが、市販のサプリメントや錠剤でも手軽に摂れますのでいつも野菜が足りていないと思う方、先に挙げたような野菜が苦手な方には上手く活用していきたいものです。私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。
当初は妻だけの問題だと思っていたのですが、少し分けてくれないかと妻に聞いてみると、「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と相手にされませんでした。そうは言われましたが、男性も多めに摂った方が良いのではないかと思ってこっそりサプリメントを飲み始めました。たちまち効果が出るわけではありませんが、お酒が翌日以降も残ることがなくなって、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。

私も好きなのですが、妊活中でも、コーヒーのような飲み物が好きで、飲む習慣がある方は注意してください。


コーヒーに含有されているカフェインという物質は体を冷やしてしまうという効果を持ちます。体の冷えによって血行が悪くなってしまい、妊娠するのに大切な、子宮の機能低下を起こすのです。



もしあなたがコーヒー好きでも、ついついカフェインを摂りすぎないように注意してください。水溶性で熱に弱いというのが葉酸の特長であり、毎日の食事だけで所要量を摂ることは難しいので、必要に応じてサプリメントなどで補った方が良いでしょう。葉酸のサプリもいろいろありますが、製造中に加熱処理されていないものを選ぶことがなんといっても大事でしょう。自分の身体を整えるために摂るものなので、原料が天然のものに由来していることや、余分な香料や添加物でごまかしていないことなどと、安全性にも配慮して選べれば理想的です。

食事の中から葉酸を摂る場合、葉酸が多く含まれる食材として葉物野菜はもちろん、レバーや枝豆もありますが葉酸をたくさん摂るためだけにある食材ばかり食べ続けるのも普通の人には耐えがたいことでしょう。

葉酸を比較的簡単に摂れる方法としてはスムージーはおすすめできます。
普通のスムージーと同じ作り方で、ミキサーの中に葉酸を含む野菜の他、飲みやすくするための果物、水分を入れれば作るのも簡単、飲んでも美味しいスムージーが完成します。

流産や胎児の先天性異常との関係も指摘されており、妊活においても必要不可欠な栄養素であるのが葉酸で、サプリメントを飲んだ時の効果は簡単な血液検査を受ける事で確認することができます。
さらに言えば、葉酸のほかに注目しておきたい検査結果の値としてはビタミンB12を挙げることができます。なぜかと言うと、ビタミンB12は葉酸と関係があって、葉酸の過剰摂取のせいで、ビタミンB12が足りなくなってもはっきりしない場合があるので、注意が必要です。